お知らせ

アナタの知らないマインドフルネスの世界

 

 

 

アルーン・コンシャスタッチ・ワークショップ

この秋も、広島市江田島でアルーンコンシャスタッチの2日間が催されます。海に囲まれた島のゆったりとしたリズムの中で、身体という自然にくつろぎ、内側のいのちに耳を傾けてみませんか?

 アルーンコンシャスタッチは、「触れる」という誰もがもつ愛と癒しの表現を使って、身体を慈しみ、本来の自分自身とつながっていくためのタッチの瞑想です。

この2日間は、ダンスやエクササイズ、呼吸への気づき、ハートからのタッチの分かち合いを通して、普段の生活の中で忘れがちな、身体の内なる感覚に戻っていきます。

何かを変えようとしない、良し悪しの判断や期待のないアルーンのタッチのアプローチは、触れる人も触れられる人も、今ここにリラックスして、あるがままを感じる助けになります。

筋肉のトーン(緊張と弛緩のバランス)や、それらを包み込む筋膜の動き、骨の振動や骨格に調和をもたらし、自然な呼吸とつながること、

心臓の鼓動、脳脊髄液やリンパの流れや分泌腺にチューニングするなど、

 

身体の様々の次元に愛と気づきを向け、内側を観ることを育てる総合的なタッチのアートを学ぶことができます。

 

<1日目>足脚、骨盤、肩甲骨や背中、肩など、身体の深層筋肉や筋膜、骨格へのタッチ。大地や肉体にグランディングし、中心に定まる感覚を養います。また骨と骨の間のスペースにバランスと信頼、生命エネルギーの流れを取り戻します。

 

<2日目>胸、腹、首、腕、顔や頭への繊細なタッチ。呼吸を見守るタッチ。 肉体の領域からハートやハラの内なるスペースとつながります。本来の自然な呼吸が広がり、より精妙なエネルギーへの知覚とともに内側を観照していきます。

 

初めての方にとっても、分かり易く体験から学べる楽しいコースです。安心して、人に触れ、触れられる環境の中で、タッチへの信頼を築いていくことができます。経験者の方には、身体への理解とタッチの質をさらに深める充実した2日間になるでしょう。あなたの参加を心からお待ちしています。  

お申込み・お問合せ

メモ: * は入力必須項目です