私が変わる!子どもが変わる!世界一流の子育て

開催概要

エリートが実践するマインドフルネス教育の秘密
名 称

私が変わる!子どもが変わる!世界一流の人育て

日 時 2018年6月10日(日)
13:30-16:00(13:15開場)
場 所

広島市まちづくり市民交流プラザ 北棟6階
(広島県広島市中区袋町6−36)

主 催 NPO法人ワンシード
参加費用 3000円(前売り)/3500円(当日)
※中学生以下無料
お問い合わせ olive@oneseed-npo.com

保護者と教育者(学校・企業)を対象とした講演会とパネルディスカッションを開きます。

 

いま、子どもにどんな教育が必要か?そんな疑問を持つ保護者や教育者が多くいます。それは、教育の現場でおきているいじめ、不登校、自殺、テロ、教師の燃え尽きなどの問題やAIの進化など、急速な社会の変化への戸惑いの声でもあります。

 

そこで「心と脳の筋トレ」といわれ欧米の教育先進国で次々と取り入れられている「マインドフルネス」の教育への可能性を紹介するとともに、ビジネス、AI開発、教育各界で活躍する方々を招き、幅広い観点から新しい教育のあり方を参加者の方々とともに考えます。

 

講師に、NIKE、Facebook、GEなど世界のトップ企業が導入するGoogle社のマインドフルネスプログラムを日本に初めて紹介、普及させた荻野淳也氏。パネラーに広島出身でペッパー君など最先端のAI開発を手がける藤田陽司氏他。

 

また、NPO法人ワンシードではマインドフルネス教育プログラムHANA(はな)を開発・発表いたします。

 

タイムテーブル

13:15
開場
13:30
荻野淳也講演会 開演
14:30
休憩
14:40
パネルディスカッション
16:00
閉演

マインドフルネスは「クリアな心」を得るための、心と脳の筋トレとも言われています。

欧米では30年以上にわたる研究の積み重ねがあり、

ストレス軽減、集中力、感情の制御、自己認知力、コミュニケーションスキル、共感力など

心身への効果が実証されています。

その実績から、ビジネス界や教育先進国の学校でも次々と導入され、成果が報告されています。

 

このセミナーでは、マインドフルネスの第一人者である荻野淳也氏が、

マインドフルネスを今すぐ家庭や学校、職場で取り入れるための秘訣をお話します。

また、最先端のAI開発現場や教育現場からのゲストと、

新時代を見据えた教育についてヒントを語り合います。

 

 

荻野淳也

(一社)マインドフルリーダーシップインスティチュート代表理事

 

大手住宅メーカー、外資系コンサルティング会社、ベンチャー企業役員を経て独立。ミッションマネジメント、マインドフル・リーダーシップ、マインドフル・コーチングを軸に、リーダーや組織の課題に焦点をあて、その変容を支援している。Googleで開発されたSIYの認定講師。2013年に一般社団法人マインドフルリーダーシップインスティテュート(MiLI)を設立。

藤田陽司

株式会社 CTE代表取締役社長

広島県出身。株式会社CTEは様々な先端のAI開発現場での研究・

開発業務から、スマートフォンアプリ企画・制作・開発や出版物の制作自動化など多岐にわたる事業を展開するユニーク企業。

 

    北野尚人

    広島経済大学教授 

経済学部メディアビジネス学科主任

内閣府 地方創生推進事務局 

地域活性化伝道師

石川県金沢市出身。株式会社博報堂で35年間マーケティング職として勤務。クルマ、家電、トイレタリー、食品、医薬品、等幅広い業種を担当。2015年4月より広島経済大学教授へ転進。

 

平田久美

学校法人鶴学園初等中等教育研究センター 教諭

公立中学、専門学校、通信制高校、私立小学などで勤務。特に通信制高校では、不登校を経験してきた数多くの生徒たちと出会い、彼らを取り巻く環境の改善と生徒自身による心身の安定のためのスキルの習得が急務であることを感じる。Mindfulnessとの出会いの原点である。

 

 

第1部の荻野さんのお話しでは、マインドフルネスについて、そしてそれがどのように展開しているのか、とても分かりやすく説明があり、参加者の方々からも「とても分かりやすかったし、気づかされることが多かった」とフィードバックを頂きました。
そして第2部のパネルディスカッションでは、平田先生、藤田さん、本当に登壇者の皆様の個性が輝き合い、北野先生の巧みなコーディネートによって、とても深い内容になっていました。こんなふうに異業種のトップランナーがそろって教育について語り合うのを聴けるのはとてもリッチだなと感じました。とても贅沢な時間でした。
会場にはたくさんの方が足を運んでくださいました。
アンケートを書いていただいたのですが、満足度がとても高く、本当によかったです!
たくさんの方々の共感と協力があって、素晴らしい講演会となりました。

ありがとうございました!