TOPクラス・コース>カインドネス(優しさ)プログラム

幸せ脳を育む4−6才の心育と英語あそび

ウィスコンシン大学発・カインドネス(優しさ)プログラム導入



特徴1:カインドネス・プログラムを導入しています

 

幸せは育てることができるスキルです

 

多くの研究により、感情的知性(EQ)は勉強やスポーツなど多くの場面で役立ちIQよりも人生の成功や幸せを予測するものだと分かっています。

 

でも、その伸ばし方はこれまでよく分かっていませんでした。

 

ウィスコンシン大学はじめ多くの研究機関は、実際にどんなプログラムが、子どもたちが、幸せを感じ、自分を大切にし、他者にハートを開き、コミュニケーション力や回復力などの人間力を身につける助けになるのかを研究してきました。

 

これらは、脳の変化とも密接に関係しています。

 

カインドネス・プログラムはその中で開発され、とても良い成果が報告されているものです。

子ども達は親子で歌、ダンス、ゲームなどを楽しみながら、共感、集中、感情の扱い方などの力を高めていきます。

 


 オーケストラの演奏家は、まず、 時間をかけて自分の楽器をチューニングし、その後、お互いに合わせます。

私たちもマインドフルネスという道具をチューニングしてから生活すべきなのに、そうしていません。

なぜ、しないのでしょうか?

これよりも基本的で、重要なことはあるでしょうか?

どうすれば注意をむけられるのか、どうすれば「いまここ」にいられるのか、どうすれば自分の思考・感覚・からだをそのまま受け入れるこころのゆとりが持てるのか、ということを学び、実践する以 上に、大事なことはあるでしょうか? 自分と他者への思いやりの向け方を学び、実践する以上に、重要なことはあるでしょうか

ジョン・カバット・ジン (マサチューセッツ大学医学大学院教授

 

気づきをもって呼吸する、歩く、深く見る、自分の怒りを世話する、そうした学校では教えない方法について、若い人たちが学ぶことはとても重要だと思っています。

ティク・ナット・ハン(禅僧・平和・人権運動家・学者・詩人

 

全ての7歳児が瞑想を学ぶなら、私たちは1世代で戦争をなくすことができるでしょう。

ダライ・ラマ14世


マインドフルネスの子どもへの効果


マインドフルネスの親や教育者への効果



ウィスコンシン大学・健全な心を育てるための研究所

the center for Healthy Minds

「心、感情、幸せの科学的理解を通して、もっと優しく、賢く、共感的な世界へ」

 

脳科学者リチャード・デビッドソン博士によって2008年に設立

リチャード・デビッドソン

 

世界的に有名な心理学者・脳神経科学者。ハーバード大学院にて心理学の博士号を取得。

人の「脳」がどのようにして「心」を生んでいるかを研究する第一人者。

現在はウィスコンシン大学マディソン校教授。

 

「人間の脳は生涯を通して成長できますが、0−2才、2−4才、思春期の時期はとりわけ重要です。」


カインドネス(優しさ)プログラム

目的:マインドフルネスの実践が4-6才の子どもの幸福に与える影響を調査する研究プロジェクトのために作成。

 

結果:分かち合い、集中、共感などの社会的・情緒的な指標が改善されただけでなく、成績などの伝統的な学力指標も改善された。

説明&体験会のスケジュール

ワンシードでは、米ウィスコンシン大学の研究所で開発されたカインドネス(優しさ)プログラムと、子ども英語を組み合わせたクラスを提供します。

同プログラムの日本の子供たちへの効果を測るため、受講してくださる親子を募集しています。

まずは、説明&体験会へお越しください。

3月25日(木)10:30-11:30「耳をすませる」井口台会場(井口台集会所) 定員5組 ¥500 満席(キャンセル待ち受付中)

3月25日(木)14:00-15:00「耳をすませる」袋町会場(HIE教室) 定員5組 ¥500

4月6日(火)10:30-11:30「身体への感謝」井口台会場 定員5組 ¥500 満席(キャンセル待ち受付中)

4月23日(金)15:30-16:30「身体への感謝」 井口台会場 定員7組 ¥500

4月29日(土)11:00-12:00「香りに気づく」 井口台会場 定員7組 ¥500

5月6日(木)15:30-16:30「香りに気づく」 井口台会場 定員7組 ¥500

5月10日(月)15:30-16:30「未定」 井口台会場 定員7組 ¥500

※「」内は体験会のテーマです。何度でもご参加いただけます。

※会場の詳細はお申し込みの方にお伝えします。

※下のお子さんと一緒にご参加いただけます。

※小学生のお子様もご参加いただけます。

※最小催行人数3組

※その他の日程はお問い合わせください。


お申込み&お問い合わせ

メモ: * は入力必須項目です