教育にマインドフルネスを

Mindful Education Project


多くの研究により、感情的知性(EQ)は勉強やスポーツなど多くの場面で役立ちIQよりも人生の成功や幸せを予測するものだと分かっています。

 

マインドフルネスは、EQを伸ばすプログラムとして注目されています。

 

 

マインドフルネスのプログラムでは、子ども達は歌、ダンス、ゲーム、クラフトなど楽しみながら、共感、集中、感情の扱い方などの力を高めていきます

 


マインドフルネスってなぁに?

マインドフルネスは仏教用語の念(sati)を英語に訳したものです。

 

「今ここに心を留めおくこと」

「良い悪いの判断をせずに、今この瞬間に気づくこと」

 

 


オーケストラの演奏家は、まず、時間をかけて自分の楽器をチューニングし、その後、お互いに合わせます。

私たちもマインドフルネスという道具をチューニングしてから生活すべきなのに、そうしていません。

なぜ、しないのでしょうか?

これよりも基本的で、重要なことはあるでしょうか?

どうすれば自分の思考・感覚・からだをそのまま受け入れる心のゆとりが持てるのか、

ということを学び、実践する以上に、大事なことはあるでしょうか?

自分と他者への思いやりの向け方を学び、実践する以上に、重要なことはあるでしょうか?

ジョン・カバットジン(マサチューセッツ大学医学大学院教授

 

気づきをもって呼吸する、歩く、深く見る、自分の怒りを世話する

そうした学校では教えない方法について、若い人たちが学ぶことはとても重要だと思っています。」

ティク・ナット・ハン(禅僧・平和・人権運動家・学者・詩人

 

「マインドフルネス は、共感と優しさをつちかい、他者と深く結びつく能力を身につけ、社会的なスキルを育ててくれます。

学生の学習と幸福に大きな影響があるでしょう。」

スティーブン・マーフィ・重松(スタンフォード大学 心理学者・臨床心理学博士

 


期待される子どもへの効果


期待される親や教育者への効果



提供しているプログラム

マインドフルネスのエクササイズは、とてもシンプルです。
呼吸や身体に注意を向けたり、食べることや見ること、聴くこと、など生活の中で当たり前にやっていることを意識的に行うことを通して、自分の中にあるたくさんの宝物のタネを目覚めさせ培っていきます。

大人向けプログラム


教育者向けプログラム


親子向け&子ども向けプログラム



フォーラム・ワークショップ