私が変わる!子どもが変わる!世界一流の子育て

開催概要

エリートが実践するマインドフルネス教育の秘密
名 称

私が変わる!子どもが変わる!世界一流の人育て

日 時 2018年6月10日(日)
13:30-16:00(13:15開場)
場 所

広島市まちづくり市民交流プラザ 北棟6階
(広島県広島市中区袋町6−36)

主 催 NPO法人ワンシード
参加費用 3000円(前売り)/3500円(当日)
※中学生以下無料
お問い合わせ olive@oneseed-npo.com

保護者と教育者(学校・企業)を対象とした講演会とパネルディスカッションを開きます。

 

いま、子どもにどんな教育が必要か?そんな疑問を持つ保護者や教育者が多くいます。それは、教育の現場でおきているいじめ、不登校、自殺、テロ、教師の燃え尽きなどの問題やAIの進化など、急速な社会の変化への戸惑いの声でもあります。

 

そこで「心と脳の筋トレ」といわれ欧米の教育先進国で次々と取り入れられている「マインドフルネス」の教育への可能性を紹介するとともに、ビジネス、AI開発、教育各界で活躍する方々を招き、幅広い観点から新しい教育のあり方を参加者の方々とともに考えます。

 

講師に、NIKE、Facebook、GEなど世界のトップ企業が導入するGoogle社のマインドフルネスプログラムを日本に初めて紹介、普及させた荻野淳也氏。パネラーに広島出身でペッパー君など最先端のAI開発を手がける藤田陽司氏他。

 

また、NPO法人ワンシードではマインドフルネス教育プログラムHANA(はな)を開発・発表いたします。

 

タイムテーブル

13:15
開場
13:30
荻野淳也講演会 開演
14:30
休憩
14:40
パネルディスカッション
16:00
閉演

マインドフルネスは「クリアな心」を得るための、心と脳の筋トレとも言われています。

欧米では30年以上にわたる研究の積み重ねがあり、

ストレス軽減、集中力、感情の制御、自己認知力、コミュニケーションスキル、共感力など

心身への効果が実証されています。

その実績から、ビジネス界や教育先進国の学校でも次々と導入され、成果が報告されています。

 

このセミナーでは、マインドフルネスの第一人者である荻野淳也氏が、

マインドフルネスを今すぐ家庭や学校、職場で取り入れるための秘訣をお話します。

また、最先端のAI開発現場や教育現場からのゲストと、

新時代を見据えた教育についてヒントを語り合います。

 

 

荻野淳也

(一社)マインドフルリーダーシップインスティチュート代表理事

 

大手住宅メーカー、外資系コンサルティング会社、ベンチャー企業役員を経て独立。ミッションマネジメント、マインドフル・リーダーシップ、マインドフル・コーチングを軸に、リーダーや組織の課題に焦点をあて、その変容を支援している。Googleで開発されたSIYの認定講師。2013年に一般社団法人マインドフルリーダーシップインスティテュート(MiLI)を設立。

藤田陽司

株式会社 CTE代表取締役社長

広島県出身。株式会社CTEは様々な先端のAI開発現場での研究・

開発業務から、スマートフォンアプリ企画・制作・開発や出版物の制作自動化など多岐にわたる事業を展開するユニーク企業。

北野尚人

広島経済大学教授 

経済学部メディアビジネス学科主任

内閣府 地方創生推進事務局 

地域活性化伝道師

石川県金沢市出身。株式会社博報堂で35年間マーケティング職として勤務。クルマ、家電、トイレタリー、食品、医薬品、等幅広い業種を担当。2015年4月より広島経済大学教授へ転進。

平田久美

学校法人鶴学園初等中等教育研究センター 教諭

公立中学、専門学校、通信制高校、私立小学などで勤務。特に通信制高校では、不登校を経験してきた数多くの生徒たちと出会い、彼らを取り巻く環境の改善と生徒自身による心身の安定のためのスキルの習得が急務であることを感じる。Mindfulnessとの出会いの原点である。

お申込み・お問合せ

 

 

 

 

気づく力を育てるMindful Education Project

 

 

 

HANA プログラム

HANA プログラムのご案内

Heartful Awareness Nature Awakening

~ハートからの気づき・本質の目覚め~

 

HANAは、マインドフルネスをベースとして、

子供が持つ可能性を開花させるためのプログラムです。

 

 

 

 

 HANAのたねシリーズ  

HANAプログラムのエッセンスを体験する講座です。

2時間3.000

 

身体の声を聴く 

マインドフルネスの基本を学びながら、自分の身体に気づきます。

身体の声を聴くことができると、自分により繋がることができます。

思いやりを育む 

ハートフルネスを学びます。大切なハートを感じることを通して、

自分自身や他者に思いやりを持つことができるようになります。

感情をマスターする  

感情を抑圧せずにただ受け入れることで、感情は変容されます。

感情の正しい扱い方を学びます。

強みと才能を発見する 

比較の目ではなく、自分独自の強みや才能を認識することを学びます。

内側にある強みや才能は、人生を切り開くための大切なツールです。

自分にとって大切なものを知る 

自分が望んでいる物事の根底には、真に大切にしたいものが隠れています。それが何かに気づくことで、人生は何倍も豊かになります。

 

 

HANAせんせいコース  

学校や家庭などでHANAプログラムを実践したい方のためのコースです。 マインドフルネスを正しく理解して伝えるための座学とプラクティスから成り、実際に自分自身や子供たちに役立てる方法を学びます。

コースで提供される生徒向けエクササイズは、10年以上にわたり世界各国で実践されているものです。

4時間×4回=16時間  60.000

 

 

1.     マインドフルネスの概要を理解する

 

座学/マインドフルネス概要 歴史 脳科学 各分野での応用例

プラクティス/マインドフルボディ・マインドフルブレス

 

2.     ハートフルネスについて理解する

 

座学/ マインドフルネスとハートフルネスについて

プラクティス/ハートフルネス、感情をマスターする

 

3.     マインドフルに教える

 

座学/教師のマインドフルな在り方はどのように生徒に影響を与えるのか

プラクティス/強みと才能を発見する 模擬レッスン

 

4.     マインドフルネスを教える

 

座学/マインドフルネスを教える上での留意点 

 

プラクティス/自分にとって大切なものを知る 模擬レッスン

 

 

 

 

 

マインドフルネスとは

「瞬間、瞬間の体験に対して、今の瞬間に、判断をしないで、意図的に注意を払うことによって実現される気づき」とジョン・カバットジン博士(マサチューセッツ大学医学大学院教授)は定義しています。

 

国際バカロレアの公式マガジンIBworld 2016 Marchの特集では、マインドフルネスに関するボリュームのある特集記事で、Mindfulness Could it change the way you teach? とあります。

 

そこにはマインドフルネスがグローバルな現象であること、それが教育にとって大きな可能性をひらくものであることが書かれています。

 

国際バカロレア機構(IB)はジュネーブに本部があります。

文部科学省では、グローバル人材育成の観点から、我が国における国際バカロレア(IB)の普及・拡大を推進しています。

 

そこで私たちは、特に教育に携わる方々や子供たちに、マインドフルネスを正しく知り体験していただく活動をしています。どうぞご活用ください。

 

 

教育に携わる方へのマインドフルネス講座

   対象: 保護者・教師・講師・インストラクターなど

 

子供たちへのマインドフルネス

   対象: 幼児・小中高校生

 

 

 

 

 

一般向けマインドフルネス講座もあります。

 

近年、ストレスによる心身の恒常性のバランスの崩れが、様々な問題を引き起こすことが増えています。

ワンシードでは、よりよいこころと身体の状態をサポートし、さらには人が本来持っている多くの豊かな本質を養うためのアプローチとしてマインドフルネスの実践を広く紹介しています。

 

一般の方に向けたマインドフルネス基礎講座

 

ビジネスマンのためのマインドフルネス講座

 

 

マインドフルネスを実践することで、より創造的になり仕事の効率もアップします。

マインドフルネスのメソッドを紹介し、日々の暮らしの中で活用できるようにサポートしていきます。

 

スクールやサークル、職場などでマインドフルネスの講習会を開いてみたい方は、どうぞご連絡ください。

 

 

 

 

 

以下のようなマインドフルネスの有益性が挙げられています。

 

一般に

慢性の疼痛、不安・不眠・恐怖症や摂食障害などの精神的に困難な状況を改善する

学習や記憶、感情のコントロールに関する脳の領域が活性化する

思いやりや共感といった心理的な機能が向上する

交感神経を落ち着かせ、副交感神経系を活性化する

免疫システムの働きが向上する

 

ビジネス面でのプラス

ストレスの軽減や仕事の生産性の向上につながる

感情のコントロールができるようになり、感情的な判断ミスをしなくなる

思いやりの気持ちが育ち、チームワークが向上する

アイディアが湧く脳になり、創造性が高まる

 

 

 

お問合せ

メモ: * は入力必須項目です