物語を語るチモン

エマちゃんが紹介してくれたチモンのメッセージです。

チモンは太古の海の生き物、世界中からのたくさんのお話しを私たちに語ってくれます。

チモンが語った最初の物語をお聞きください。

 

「あるところに石切り職人の男がいました。

 

男は自分の人生に満足していませんでした。

 

ただの石切り職人でいることは、つまらないことでした。

 

ある裕福な商人の家の前を通ったとき、男は商人の暮らしを羨ましく思い、商人のように金持ちになって力を持ちたいと思いました。

 

すると、男はたちまちのうちに商人になりました!

 

金持ちの商人になった男は、みんなが偉い役人にペコペコしているのを見ました。

 

商人も偉い役人には頭を下げなければなりませんでした。

 

男は、偉い役人になって力を持ちたいと思い、その通りになりました。

 

偉い役人になった男は、みんなにペコペコされて、いい気持でしたが、ある夏の日、カンカン照りの太陽が、容赦なく男を照らしました。

 

太陽のように力を持ちたいと、男は思いました。そして男は太陽になりました。

 

太陽になった男は、地上のあらゆるものを焦がすように照りつけました。

 

ところが、真っ黒な大きな雲がやってきて、太陽を遮りました。

 

雲はなんて強いんだろう、雲になりたい、と男は思い、そうなりました。

 

雲になった男は、あらゆるものの上にその影を落としました。

 

すると強い風が吹いて、雲は吹き飛ばされてしまいました。

 

風のように強くなりたい。

 

男は風になって、あらゆるものを吹き飛ばしました。

 

しかし、どうしても吹き飛ばすことができないものがありました。

 

それは、そそり立つような、大きな岩でした。

 

男は岩になりました。

 

そして世の中に自分ほど強いものはないと思いました。

 

すると、どこかから音が聞こえてきました。

 

何かを削るような音が。

 

見下ろすと、そこには自分を削っている石切り職人の姿が見えました。」