絵本紹介ーまちんと

「まちんと」 松谷みよ子・さく 司 修・え 偕成社

 

 

 

広島の町で原子爆弾投下の被害にあった、ある女の子の話です。

 

「まちんと」とは「もうすこし」の意味で、まだうまくしゃべれない幼い子のせりふ。

 

もとは西日本の民話だそうで、ことばも絵も語りかけるようです。

 

小学生向きにショックを与えない配慮もされていると思います。

 

あかちゃん絵本、民話再話、原爆をテーマにした「ふたりのイーダ」などで有名な

 

児童文学者松谷みよ子がたどり着いた、子どもへの原爆伝承のかたち。

 

画家で装丁家、小説家でもある司修は最初の一枚を仕上げるまでに一年を要し

 

その後いくども描き直し、手直ししました。

 

1983年改訂版の最後には、現在の東京都心の風景が2ページつけ加えられています。

 

「ほら そこに―」

 

「いまも―」 ということばと共に。

 

こどもたちにずっと読み継いでいきたい、大切な一冊です。

 

お手にとっていただければ。

 

8月6日 原爆の日に